武蔵ビジネスクラブオフィシャルサイト
HOME   |  Broadcast   |  About Us   |  Photo Gallery   |  Contact
Welcome Guest 
mbc
サイト内検索
メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

会員ID登録

ヘッドライン

  ITビジネスプラザ武蔵   あなたにパンダフルライフを
  特定非営利活動法人(NPO法人) こらぼる   ちょっと役立つ?IT経営、こころの姿勢のお話
  週刊せんてんす   あん共育ブログ
  人生バックドロップ!!   アクター明広の部屋
  なぜ?占いって当たるの?   アースデイいしかわ
  北陸・石川県(能登・金沢・加賀)をPR Web2.0的スローライフ田舎暮し情報を配信   金沢パソコン123
  芸達者、ビジネス達者、人生達者   リスク・コンサルティング・ファーム エキスパーツ
  StreetARTS   新!千代丸日記
  ハッピー・エンディング (ハッピーなお葬式がしたい!)   5時からオヤジの『こころ晴れやか日記』
  日刊コトバカラダ   企画倒れ
  33歳の税理士日記〜新たなるステージへ〜   二代目社長アドバイザー・リハル
  オレの就活   武蔵ビジネスクラブオフィシャル
  TERAINFORMATIONニュース・IT・経済・ネタ   科学の進歩が証明する仏教の智慧
  行く年来る年逝ってよし   もっちいのA・NE・GOブログ
  Creation Akiyama   エクスプレッションズ
  株式会社一期大福ブログ

科学の進歩が証明する仏教の智慧
  最終更新日  
要旨 科学の進歩が証明する仏教の智慧
ウェブマスター  
カテゴリ  
作成  
言語 ja
意識と行動
公開:
要旨: 千葉の包丁殺傷事件、岡山の突き落とし事件など、動機が明確ではない事件が多い。このような事件が起こると、精神鑑定が行われて、正常な状態であったかが問われます。脳科学では、半ば必然的に、半ば偶然的に起こる事象を「偶有性」と呼んでおり、科学的方法論では扱いにくく、因果関係が明白に説明できない事象です。近代科学の進歩は、人間の個体では実現できない知覚能力や行動能力をもたらしています。マスメディアやインター
千葉の包丁殺傷事件、岡山の突き落とし事件など、動機が明確ではない事件が多い。<br />このような事件が起こると、精神鑑定が行われて、正常な状態であったかが問われます。<br />脳科学では、半ば必然的に、半ば偶然的に起こる事象を「偶有性」と呼んでおり、科学的方法論では扱いにくく、因果関係が明白に説明できない事象です。近代科学の進歩は、人間の個体では実現できない知覚能力や行動能力をもたらしています。マスメディアやインターネットにより世界中の情報を知ることができます。航空機や自動車の発達によって、短時間で自分の行きたい所に行くことができます。一方で、人類は何万年も自分の足で歩き、自分の目の前のものだけを見つめてきました。私たちの深層心理は、これら科学技術の進歩を受け入れているのでしょうか。このような技術に、身を任せることで、本来の知覚や行動能力に狂いが生じているのではないでしょうか。<br />仏教では、「宿業」とか「業縁」という言葉で、私たちが物事を意識したり、行動したりすることの背景にある「縁」というものを挙げております。直接的な原因「因」とその結果「果」の間には無数の条件「縁」があり、因−縁−果が別の因−縁−果とつながって絡み合っているというのです。さらに、唯識という仏教思想では、これらが、私たちの深層心理に蓄えられ、新たな因や縁を生み出すもとになるというのです。すべての事象はつながっているというのが、2,500年前にお釈迦様が発見された真実なのです。<br />このような真実に触れるとき、千葉の事件や岡山の事件は私たちの日々の行いと無縁ではない事に気づくのです。<br />
お彼岸
公開:
要旨: 気づいたら書こうと思っていたら、福岡さんから「毎日書くことですよ」と言われました。何を書こうかと思っていたら、今はお彼岸でした。行事としては「彼岸会(ひがんえ)」と呼ぶのが正確です。春と秋の、昼夜の長さが同じになる特別の日として、古来より意識されていたところに、西方浄土という思想を持った仏教が入ってきて、融合した行事だと考えられます。仏教では「彼の岸(かのきし)」とは煩悩を脱した悟りの境地です。そ
気づいたら書こうと思っていたら、福岡さんから「毎日書くことですよ」と言われました。<br /><br />何を書こうかと思っていたら、今はお彼岸でした。行事としては「彼岸会(ひがんえ)」と呼ぶのが正確です。春と秋の、昼夜の長さが同じになる特別の日として、古来より意識されていたところに、西方浄土という思想を持った仏教が入ってきて、融合した行事だと考えられます。<br />仏教では「彼の岸(かのきし)」とは煩悩を脱した悟りの境地です。そうではない世界は「此の岸(このきし)」で、煩悩や迷いに満ちたところです。<br />現代は、煩悩が「夢」と呼ばれて、生きる目標となっています。迷わず自分の夢を実現することを願うのが当然です。従って、だれも彼岸へ行きたいとは考えません。亡くなった方がいくところと考えられているようです。<br />人は一度しかない人生を生きています。自分が持つ夢を実現したいと考えるでしょう。「彼岸に行きたい」という願いを持つ人が出現する可能性はゼロとは言えないと思います。
はじまり
公開:
要旨: ITコーディネータの福岡明夫さんに教わり本日からブログを始めました。宗教の意味が見失われつつある現代ですが、仏教の智慧が科学の力によって徐々に明らかにされてきていると感じています。特に脳科学の成果は、信ずることの意味や煩悩の存在を明らかにしてくれています。方向感の無くなっている時代に生きている我々にとって、常に真実を求め続ける生き方を教える仏教の智慧こそが、一筋の光明ではないかと思います。そんな智慧
ITコーディネータの福岡明夫さんに教わり本日からブログを始めました。<br />宗教の意味が見失われつつある現代ですが、仏教の智慧が科学の力によって徐々に明らかにされてきていると感じています。特に脳科学の成果は、信ずることの意味や煩悩の存在を明らかにしてくれています。<br />方向感の無くなっている時代に生きている我々にとって、常に真実を求め続ける生き方を教える仏教の智慧こそが、一筋の光明ではないかと思います。<br />そんな智慧に出会った時に書き込んでいきます。
Copyright (c) 2005-2014 武蔵ビジネスクラブ